PDF版 永代供養墓建前建後手引き事典

クリックで画像を表示
監修 藤井正雄(大正大学名誉教授)
どんなお寺も「造れる・造らねばならなくなる」時代の
PDF版(CD-ROM1枚組)
永代供養墓建前建後手引き事典
定価9800円+税
   ↓
新刊特価9800円+税

永代供養墓運営のビフォー&アフターの秘訣満載!!
小規模供養墓をこう成功させる!
1000万円台・2000万円台・3000万円台の予算別事例を収載

「成功の原因はどこにあったか」を徹底分析!
どんなお寺でも必ず必要となる「小規模供養墓」に絞った編集方針

● 永代供養墓運営のビフォー&アフターの秘訣がつかめます。
● 特に建立後(アフター)の募集方法のヒントになります。
● 建立後も上手に運営している寺院の運営のコツがわかります。
● これから永代供養墓を建てる前(ビフォー)の検討調査課題がわかります。

十七ヶ条のチェックポイント
   永代供養に寺院の活性化を求めない
   永代供養墓は寺と人との接点である
   生前墓(寿稜)としての永代供養墓の利用を促進せよ
   墓を空間表現でなく、内容でいかに安心を与えられるかを考えるべし
   予算はどれだけかけられるか
   立地の検討をせよ
   納骨方法に安易であるな 
    信頼度をアップせよ  
    費用などは適正価格を維持せよ 
    永代供養墓の造りや構造に慎重であれ  
    屋外、屋内を問わず段差のないバリアフリーを志向したか 
    契約書や必要書類は完璧なものにしたか 
    合祀の時期と形式に注意せよ
    骨壷の安置場所にも利用者の身になれ
    供養時期・方法は慎重に決めよ
    自分のお寺の個性は出したか
    申込みのシュレーションはしたか


内容構成
第1部 基礎知識篇
第1章 時代背景
● お墓が守れない
● 元気なうちに自分のお墓を決めたい
● 数年前の意識と変ってきた
● 永代供養墓に対する社会的評価

第2章 永代供養の登場と歴史
● 比叡山延暦寺の「久遠墓」が最初の永代供養墓
● 永代供養墓の名称で一般普及した

第3章 永代供養墓のいろいろ
● スタイルのいろいろ

屋外施設型
墓石型

● 遺骨の安置方法
個別安置型(単独墓タイプ)
集合安置型(集合墓タイプ)
合祀型  (共同墓タイプ)

● 供養方法
コミュニティづくりに役立つ「供養祭」の事例
供養期間(骨壷安置期間)
寺院の宗派でちがう供養方法

第4章 永代供養墓の料金や費用について
■ 永代供養料
■ 永代使用料
■ 納骨料
■ 刻字料

第5章 永代供養墓の募集条件
(1)宗教一切不問
(2)在来仏教であれば、宗派不問の「墓友」タイプ
(3)寺院の宗派に帰依する
(4)寺院の檀家になる

第6章 永代供養墓のメリット
■ 管理費などが不要・料金が安いこと
■ 宗教・宗旨・宗派は問われません
■ 生前契約で自分のお墓を持ちたい。
  お墓の不安を解消したい方
第7章 失敗しない永代供養墓の運営方法

■ 寺と人とのコミュニティづくりからはじめよ。
■ 生前墓(寿稜)としての永代供養墓の
  利用を促進せよ。
■ 墓の空間表現のみでなく、供養システム
 (供養保証安心システム)でいかに安心を
  与えられるかを考えるべし。
■ 予算はどれだけかけられるか
■ 立地の検討をせよ
■ 納骨方法に安易であるな 
■ 信頼度をアップせよ  
■ 費用などは適正価格を維持せよ 
■ 永代供養墓の造りや構造に慎重であれ  
■ 屋外、屋内を問わず段差のない
 バリアフリーを志向したか 
■ 契約書や必要書類は完璧なものにしたか 
■ 合祀の時期と形式に注意せよ
■ 骨壷の安置場所にも利用者の身になれ
■ 供養時期・方法は慎重に決めよ
■ 自分のお寺の個性は出したか
■ 申込みのシュミレーションはしたか

第8章 改葬のときの永代供養墓利用

第9章 永代供養墓のQ&A
Q 永代供養墓の登場はいつですか? 
Q 永代供養墓にはいろいろな呼び方があると
  聞いたのですが? 
Q 永代供養墓のよい点、悪い点は何ですか? 
Q 永代供養墓を選ぶ際に
  一番気をつけなければならない点は何ですか。
Q 寺院の永代供養墓と公営の合葬式墓所との
  違いは何ですか? 
Q 納骨と埋葬はどう違うのですか。 
Q 永代供養付き個人墓があると聞いたのですが。
 
第2部 
総工費別の永代供養墓の実例篇
・ 1000万円
・ 2000万円
・ 3000万円

第3部 
永代供養墓の運営実践篇

寺院と一般ユーザーとの橋渡し部分を、よく考えよう。

■ ビフォー(計画前)に必要な作業

・ 永代供養墓の規模の立案。
・ 自分のお寺の立地やロケーション、周辺環境、
  団塊世代の人口の調査。
・ 先駆例の研究、2、3寺は見学をする
・ 料金や費用は妥当性か。周辺寺院の「相場」の把握。
・ お寺への信頼度の確立と増大

■ アフター(建立後)に必要な作業

・ 永代供養墓の全体のプロデュース
・ 建立
・ 募集

● 募集広告の方法はすべて試す
 一般に募集広告の方法といえば、次のようなことが
 考えられます。

1 折込広告・新聞広告などを利用する。
 (広告料が必要となります)。
2 駅前看板、電柱広告、バスの広告などを利用する。
2 墓石屋さんなどがやっている永代供養墓の検索サイトに
  参加する。(無料の場合もあるが、効果は余り期待できない)
3 インターネットで独自のホームページをつくり、
  永代供養墓の魅力をアピールする。

● 宣伝&広告のポイント
(さまざまな媒体を通じての情報提供活動)

A:インターネットによるホームページをはじめ、
B:新聞記事や広告、
C:バス広告、案内パンフレットの送付

● 広告にお金をかけない
● チラシで結果が出ると思うな
● インターネットはお金をかけるばかりが能ではない

コラム:永代供養墓を買う前に
コラム:永代供養墓の購入の動機

・ 管理

一定期間は骨壷で安置
コラム:永代供養墓の相続はどうなるか

・ 運営(組織の「体外と体内」を意識せよ)

● 永代供養墓の購入者(新檀家)の組織化
● 旧檀家と差別化して特典を設ける
● 持ち回りの「世話人」制度の創設

付録・ 永代供養運営チェック項目  
付録・ 永代供養墓用語集
付録・ 永代供養墓の契約書(見本)内容構成

第1部 基礎知識篇
第1章 時代背景
● お墓が守れない
● 元気なうちに自分のお墓を決めたい
● 数年前の意識と変ってきた
● 永代供養墓に対する社会的評価

第2章 永代供養の登場と歴史

● 比叡山延暦寺の「久遠墓」が最初の永代供養墓
● 永代供養墓の名称で一般普及した

第3章 永代供養墓のいろいろ
● スタイルのいろいろ

屋外施設型
墓石型

● 遺骨の安置方法

個別安置型(単独墓タイプ)
集合安置型(集合墓タイプ)
合祀型  (共同墓タイプ)

● 供養方法

コミュニティづくりに役立つ「供養祭」の事例
供養期間(骨壷安置期間)
寺院の宗派でちがう供養方法

第4章 永代供養墓の料金や費用について
■ 永代供養料
■ 永代使用料
■ 納骨料
■ 刻字料

第5章 永代供養墓の募集条件
(1)宗教一切不問
(2)在来仏教であれば、宗派不問の「墓友」タイプ
(3)寺院の宗派に帰依する
(4)寺院の檀家になる

第6章 永代供養墓のメリット
■ 管理費などが不要・料金が安いこと
■ 宗教・宗旨・宗派は問われません
■ 生前契約で自分のお墓を持ちたい。
  お墓の不安を解消したい方
第7章 失敗しない永代供養墓の運営方法

■ 寺と人とのコミュニティづくりからはじめよ。
■ 生前墓(寿稜)としての永代供養墓の
  利用を促進せよ。
■ 墓の空間表現のみでなく、供養システム
 (供養保証安心システム)でいかに安心を
  与えられるかを考えるべし。
■ 予算はどれだけかけられるか
■ 立地の検討をせよ
■ 納骨方法に安易であるな 
■ 信頼度をアップせよ  
■ 費用などは適正価格を維持せよ 
■ 永代供養墓の造りや構造に慎重であれ  
■ 屋外、屋内を問わず段差のない
 バリアフリーを志向したか 
■ 契約書や必要書類は完璧なものにしたか 
■ 合祀の時期と形式に注意せよ
■ 骨壷の安置場所にも利用者の身になれ
■ 供養時期・方法は慎重に決めよ
■ 自分のお寺の個性は出したか
■ 申込みのシュミレーションはしたか

第8章 改葬のときの永代供養墓利用

第9章 永代供養墓のQ&A
Q 永代供養墓の登場はいつですか? 
Q 永代供養墓にはいろいろな呼び方があると
  聞いたのですが? 
Q 永代供養墓のよい点、悪い点は何ですか? 
Q 永代供養墓を選ぶ際に
  一番気をつけなければならない点は何ですか。
Q 寺院の永代供養墓と公営の合葬式墓所との
  違いは何ですか? 
Q 納骨と埋葬はどう違うのですか。 
Q 永代供養付き個人墓があると聞いたのですが。
 
第2部 
総工費別の永代供養墓の実例篇
・ 1000万円
・ 2000万円
・ 3000万円

第3部 
永代供養墓の運営実践篇
寺院と一般ユーザーとの橋渡し部分を、よく考えよう。

■ ビフォー(計画前)に必要な作業

・ 永代供養墓の規模の立案。
・ 自分のお寺の立地やロケーション、周辺環境、
  団塊世代の人口の調査。
・ 先駆例の研究、2、3寺は見学をする
・ 料金や費用は妥当性か。周辺寺院の「相場」の把握。
・ お寺への信頼度の確立と増大

■ アフター(建立後)に必要な作業

・ 永代供養墓の全体のプロデュース
・ 建立
・ 募集

● 募集広告の方法はすべて試す
 一般に募集広告の方法といえば、次のようなことが
 考えられます。

1 折込広告・新聞広告などを利用する。
 (広告料が必要となります)。
2 駅前看板、電柱広告、バスの広告などを利用する。
2 墓石屋さんなどがやっている永代供養墓の検索サイトに
  参加する。(無料の場合もあるが、効果は余り期待できない)
3 インターネットで独自のホームページをつくり、
  永代供養墓の魅力をアピールする。

● 宣伝&広告のポイント
(さまざまな媒体を通じての情報提供活動)

A:インターネットによるホームページをはじめ、
B:新聞記事や広告、
C:バス広告、案内パンフレットの送付

● 広告にお金をかけない
● チラシで結果が出ると思うな
● インターネットはお金をかけるばかりが能ではない

コラム:永代供養墓を買う前に
コラム:永代供養墓の購入の動機

・ 管理

一定期間は骨壷で安置
コラム:永代供養墓の相続はどうなるか

・ 運営(組織の「体外と体内」を意識せよ)

● 永代供養墓の購入者(新檀家)の組織化
● 旧檀家と差別化して特典を設ける
● 持ち回りの「世話人」制度の創設

付録・ 永代供養運営チェック項目  
付録・ 永代供養墓用語集
付録・ 永代供養墓の契約書(見本)内容構成

第1部 基礎知識篇
第1章 時代背景
● お墓が守れない
● 元気なうちに自分のお墓を決めたい
● 数年前の意識と変ってきた
● 永代供養墓に対する社会的評価

第2章 永代供養の登場と歴史

● 比叡山延暦寺の「久遠墓」が最初の永代供養墓
● 永代供養墓の名称で一般普及した

第3章 永代供養墓のいろいろ
● スタイルのいろいろ

屋外施設型
墓石型

● 遺骨の安置方法

個別安置型(単独墓タイプ)
集合安置型(集合墓タイプ)
合祀型  (共同墓タイプ)

● 供養方法

コミュニティづくりに役立つ「供養祭」の事例
供養期間(骨壷安置期間)
寺院の宗派でちがう供養方法

第4章 永代供養墓の料金や費用について

■ 永代供養料
■ 永代使用料
■ 納骨料
■ 刻字料

第5章 永代供養墓の募集条件

(1)宗教一切不問
(2)在来仏教であれば、宗派不問の「墓友」タイプ
(3)寺院の宗派に帰依する
(4)寺院の檀家になる

第6章 永代供養墓のメリット

■ 管理費などが不要・料金が安いこと
■ 宗教・宗旨・宗派は問われません
■ 生前契約で自分のお墓を持ちたい。
  お墓の不安を解消したい方

第7章 失敗しない永代供養墓の運営方法
■ 寺と人とのコミュニティづくりからはじめよ。
■ 生前墓(寿稜)としての永代供養墓の
  利用を促進せよ。
■ 墓の空間表現のみでなく、供養システム
 (供養保証安心システム)でいかに安心を
  与えられるかを考えるべし。
■ 予算はどれだけかけられるか
■ 立地の検討をせよ
■ 納骨方法に安易であるな 
■ 信頼度をアップせよ  
■ 費用などは適正価格を維持せよ 
■ 永代供養墓の造りや構造に慎重であれ  
■ 屋外、屋内を問わず段差のない
 バリアフリーを志向したか 
■ 契約書や必要書類は完璧なものにしたか 
■ 合祀の時期と形式に注意せよ
■ 骨壷の安置場所にも利用者の身になれ
■ 供養時期・方法は慎重に決めよ
■ 自分のお寺の個性は出したか
■ 申込みのシュミレーションはしたか

第8章 改葬のときの永代供養墓利用

第9章 永代供養墓のQ&A
Q 永代供養墓の登場はいつですか? 
Q 永代供養墓にはいろいろな呼び方があると
  聞いたのですが? 
Q 永代供養墓のよい点、悪い点は何ですか?