曹洞宗 独 修 即事祈祷実践講座《基本行持編》

クリックで画像を表示
■行持監修 高木祐之 ■法話監修 中野東禅
■構成 大谷俊定 尾山恒道
これからの寺院を築く
   ―独人で臨機応変に祈祷する―

曹洞宗 独 修 即事祈祷実践講座
《基本行持編》
DVD 全一巻

印刷してお手持ちの経本に挟んで使える
祈祷回向文 PDFデータ 付き

サンプル映像リンク


■行持監修 高木祐之 ■法話監修 中野東禅
■構成 大谷俊定 尾山恒道

定価9,800円+税
   ↓
新刊特価7,800円+税

 推薦します
川口高風 (法持寺) 
 曹洞宗の祈祷儀式は、恒期法要としての「大般若会」が中心です。その次に祈祷寺院といわれる大寺での祈祷があります。
 それに対して、信徒の個々のニーズに応じて各寺の住職が一人ないし二人で臨機応変に祈祷をする法会があります。
 この独修祈願のタイプは曹洞宗では少ないのですが、現在大きくニーズが高まりつつあります。
 祈祷の儀式は、入堂から退堂までさまざまな段階的所作があります。しかも、所作と祈祷の発声は、連続動作で、なかなか要領がつかみ難いのも事実です。
 そこで、祈祷の基本次第を中心に据え、その読誦と連続動作、付帯的な所作などを詳しく映像で示した「視覚的な」曹洞宗祈祷作法DVDを作ります。祈祷法には山規山風や口伝がありますが、そうした伝承のない方が人々のニーズに応えるためには基本だけを行うことをおすすめします。

■内容構成 ※( )内は当巻未収録
第一部 全体の差定の流れ
 ◎準備
 ◎荘厳
 一、入堂
 二、拈香法語
 三、進前上香
 四、三拜
 五、登高座
 六、般若心経三遍読誦
 七、燒香
  (塗香)
 八、洒水
 九、振鈴
  (護身法 五道)
   拍掌
 十、九字印
 十一、(ボロン)
 十二、彈指
 十三、理趣分経誦・転読
 十四、理趣分経頂戴
 十五、十方転
 十七、(彈指)
 十八、(消災呪讀誦)
 十九、回向
 二十、下座
 二十一、三拜
 二十二、退堂

第二部 独修するべき細目作法
 重要作法部分は、手元によった主観映像で細目に分けてわかりやすく習得