【合本】傍訳 四度加行

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
編著/佐藤正伸
四季社版「真言宗事相全書 平成版秘密儀軌大系 傍訳 四度加行」上中下全三巻セットをCD-ROM1枚組に収録。

定価13,200円(税込)
  ↓
特価9,680円(税込)にて提供

現代僧侶として修得すべき重要儀軌文献の一つを傍訳編集法式で容易に内容を把握できるように構成。

上巻
真言密教の伝統的修行システムが行き詰まりを見せる中で密教精神の高揚として四度加行の現代語訳を通じて問題提起した一冊。四度加行は十八道、金剛界、胎蔵界、護摩法の四つの修行法の次第を相伝するもので、実践的な修行を修法、観法、儀礼の自相のまさに核心を構する。内容構成は、十八契印/無量寿如来/観行供養儀軌/金剛頂蓮華部心念儀軌

中巻
真言僧侶の基本・必修の行である『四度加行』の典拠となる密教聖典をここに開示。事相の中にあって最も重要とされる修法儀軌『四度加行』の相伝の次第を著す。内容構成は、大毘盧遮那仏神変加持経蓮華胎蔵菩提幢標幟普通真言蔵広大成就瑜伽巻上、大毘盧遮那仏神変加持経蓮華胎蔵菩提幢標幟普通真言蔵広大成就瑜伽巻(抄)。

下巻
現代僧侶として修得すべき儀軌文献の中から密教の碩学が厳選し、体系化して構成した現代語傍訳定本。事相の中にあって最も重要とされる修法儀軌『四度加行』の相伝の次第を著す。内容構成は、金剛頂瑜伽護摩儀軌、建立曼荼羅護摩儀軌。